ヨガインストラクターは現代では心身の健康に役立つものとして、多くの人に親しまれています。

高卒→進学の方が有利!

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「       ヨガインストラクター       」

ヨガインストラクターとは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

ヨガインストラクターとは?

ヨガインストラクターとは、インド発祥の伝統的な修行法である「ヨガ」をベースにし、現在では健康増進などの目的で親しまれている「健康ヨガ」の正しい実践方法を教える人のことを意味します。

ヨガでは「呼吸法」と「正姿勢」が重要な要素となり、ヨガインストラクターは、それらのやり方を正しく伝えながら、ヨガで行われるポーズをとっていきます。

生徒の状態やレベルなどに合わせたレッスン計画を作成し、わかりやすい指導をして、ヨガの上達や心身の状態をよくしていくためのサポートをするのが、ヨガインストラクターのおもな役割です。

ヨガインストラクターは、ヨガスクールやヨガスタジオなどに勤務して集団あるいは個別レッスンを行うことが多いですが、自分のプライベートスタジオを持ち、フリーランスで活動していく人もいます。

ヨガインストラクターの現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

ヨガインストラクターの将来性や現状は?

日本では、2000年を過ぎた辺りからヨガがブームになっています。

1990年代のアメリカで、ハリウッドスターやニューヨークのセレブの間でいろいろなタイプの「健康ヨガ」が広まると、それが日本にも紹介されて大ブームとなりました。

ヨガジャーナル日本版調査(2017年3月発表)によれば、年1回以上ヨガをおこなっている日本のヨガ人口は発表時で約770万人で、2020年には1000万人を超えるとされています。

ヨガを学ぶ生徒も、もとは若い女性が中心でしたが、現在では20代~60代まで幅広い世代で親しむ人がおり、中高年の女性や男性が新規で習いはじめるケースも増えているそうです。

ヨガの人気は衰えるどころか右肩上がりであり、健康雑誌や習い事雑誌、それにインターネットのサイトなどでも、よくヨガの特集が取り上げられています。

ヨガインストラクターの仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

ヨガインストラクターってどんな仕事?

日本におけるヨガは奈良時代から仏教に取り入れられる形で浸透し、現代では心身の健康に役立つものとして、多くの人に親しまれています。

現在、日本で普及している「健康ヨガ」は、インド生まれの伝統的なヨガに、フィットネス感覚や現代医学の要素などを取り入れ、1970年代以降に開発されたものです。

その種類は、

  • パワー・ヨガ
  • ホット・ヨガ
  • アヌサラ・ヨガ
  • アロマ・ヨガ

などいくつかに分けられます。

1990年代のアメリカで、ニューヨークのセレブやハリウッドスターの間に広まり、2000年前後に日本へ紹介されました。

日本では2004年頃からブームとなり、現在でも20代・30代の女性を中心に人気があります。

このような健康ヨガは、

  • 心身の調整
  • 健康維持
  • 疲労やストレスの解消
  • ダイエット
  • 体のゆがみの矯正

などを目的として行われ、修行を目的とする伝統的なヨガとは少々異なる形で親しまれています。

スクールやレッスンでの指導が中心

ヨガインストラクターは、ヨガスクールやヨガスタジオなどで、集まった生徒にヨガを教えるのがおもな業務となります。

ヨガでは「呼吸法」と「正姿勢」が重要な要素となり、それらのやり方を正しく伝えながら、ヨガのポーズをとっていきます。

複数の生徒に同時に指導をする集団レッスンもあれば、個別でのマンツーマンレッスンをすることもあります。

このほか、ヘルスケア関連のイベントでヨガ体験教室を開催したり、ヨガに関連するメディア出演や記事執筆など、さまざまな業務に携わる人もいます。

 

ヨガインストラクターの給料面

みなさんここが一番気になっているんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

ヨガインストラクターの給料・年収

ヨガインストラクターの年収は250万円~350万円程度がボリュームゾーンとなるでしょう。

アルバイトなどの時給相場は平均よりもやや高水準ですが、これはヨガインストラクターが専門性を求められる仕事であるからだと考えられます。

勤務先によっては、正社員以外の働き方でもヨガインストラクターに関連する資格を保持していることが採用の条件となることもあり、誰にでも簡単に務まるわけではありません。

しかし、安定した正社員で働けるヨガインストラクターはさほど多くありません。

また、長く経験を積んだり年齢が上がったりしても、給料の上がり幅は他職業に比べると小さめの傾向にあるようです。

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

ヨガインストラクターになるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

ヨガインストラクターになるために必要なこと

ヨガインストラクターという職業では、なるために必要な資格や、進学・卒業しなくてはならない学校がありません。

したがって、誰でも何歳でも、ヨガインストラクターを目指すことが可能です。

学歴もほぼ問われないと考えておいてよいでしょう。

しかし、もちろんヨガインストラクターとして身につけておくべき知識や技術は存在します。

それを持っていなければ、どこのヨガスクールもヨガスタジオも、ヨガインストラクターとして雇ってはくれないでしょう。

たとえ自分でヨガスクールを開業したとしても、確かな知識や、わかりやすい指導ができなければ生徒は集まりません。

ヨガインストラクターは「先生」と呼ばれる種類の仕事の一種です。

ヨガを生徒に正しく教えるには、まず、しっかりとしたヨガの知識や技術、そして十分な経験を積んでいく必要があるといえます。

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました