独立願望が強い方にはおすすめの資格!司法書士の仕事内容を公開!

大卒じゃないとできない仕事

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路で悩んでいる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「      司法書士        」

司法書士とは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

司法書士とは?

不動産登記や商業登記など、各分野の法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行する。

司法書士は、個人や企業などの依頼により、法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行する専門家です。

不動産売買や相続の際の不動産登記手続きや、会社設立時の商業登記手続きのほか、簡易裁判で訴訟代理業務を行う裁判事務、成年後見業務、供託業務、帰化申請など、さまざまな業務を担当します。

司法書士になる一般的な方法は、国家試験である「司法書士試験」に合格することです。

司法書士試験は年齢や学歴の制限なく誰でも受験することができますが、難易度は高く、合格率は例年3%ほどです。

合格し、所定の研修や修了考査を終えると、多くの人は司法書士事務所に勤務します。

経験を積むと独立を目指せる職業ですが、司法書士の登録者数は増加傾向が続いているため、自らの得意分野をつくり、差別化することが必要です。

司法書士の現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

司法書士の将来性や現状は?

業務範囲が拡大し、専門的知識を生かした活躍ができる

「士業」と呼ばれる専門職のなかには、試験の難易度の割に、十分な仕事がなく、継続的に安定して働くのが難しいとされるものもあります。

しかし、司法書士は有資格者の数と仕事量のバランスがとれており、試験合格に払った努力に見合うだけの社会的価値・経済的メリットがあるといえるでしょう。

司法書士事務所での求人数も多いため、資格取得後に経験を積んでいける場を見つけるのはそう難しくありません。

また、近年では司法書士法の改正を受け、研修を受けた「認定司法書士」は、簡易訴訟手続きなどを行えるようになりました。

法律関係の業務も取り扱えるようになり、司法書士の業務範囲は拡大しています。

今後は高齢化が進むにつれ、遺言や相続に関する業務や、成年後見業務の依頼が増えていくと予想されており、司法書士の需要はますます高まっていくでしょう。

 

司法書士の仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

司法書士ってどんな仕事?

裁判所や法務局への法的な手続きを代行する

司法書士とは、個人や企業からの依頼を受け、法律に関するさまざまな書類作成や法律上の手続きを代行する専門家です。

代表的な業務としては、不動産売買や相続の際の不動産登記手続きや、会社設立時の商業登記手続きが挙げられます。

それ以外にも、簡易裁判で訴訟代理業務を行う裁判事務、成年後見業務、供託業務、帰化申請など、法律に関するさまざまな仕事を行っています。

このような手続きは、一般人には正確な理解が難しいものが多いため、司法書士は法律の知識を存分に発揮して、依頼者のニーズに応えていきます。

司法書士の隣接資格

司法書士と似た職業に「行政書士」があり、どちらも法律に関連する書類を作成するという点では共通しています。

しかし、司法書士がおもに裁判所や法務局に提出する書類を作成するのに対し、行政書士は行政機関(国や都道府県、市町村など)に提出する書類を作成する違いがあります。

その他の士業として「弁護士」や「税理士」もありますが、それぞれ役割や業務範囲が異なり、それぞれ資格や専門知識を生かして活躍しています。

なかには、こうした隣接資格を「ダブルライセンス」として取得し、仕事の幅を広げていく人もいます。

 

司法書士の給料面

みなさんここが一番気になっているんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

司法書士の給料・年収

独立開業後に成功すれば高収入が目指せる

司法書士試験は合格率が低いですが、これは合格者が出過ぎないように、難易度の調整がなされていることも一因としてあります。

そうして資格保有者の希少性を保っているがゆえ、司法書士の給料・収入は全体的に高水準です。

司法書士全体の平均年収は400万円~600万円程度がボリュームゾーンとされますが、独立開業して事業が軌道にのれば、さらに高額の収入を得ることも可能です。

一般的には、資格取得から数年ほどの若手司法書士は司法書士事務所に勤務し、その後、独立を目指すケースが多くなっています。

司法書士の待遇、収入アップのポイント

司法書士は、個人の経験や専門性が問われる仕事であるため、新人時代の給料は一般の会社員と大差ありません。

ただし、大きな企業や事務所ほど給与水準は高めで、福利厚生も充実している傾向が見られます。

個人経営の小さな事務所では、ほとんど福利厚生が期待できない場合もあり、勤務先によって待遇差が出やすい職業といえます。

司法書士として収入アップを目指すのであれば、いかに専門性を高めていき、難易度の高い案件を手掛けられるようになるかがポイントです。

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

司法書士になるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

司法書士になるために必要なこと

司法書士試験への合格を目指す

司法書士になるには、まず国家試験である「司法書士試験」を突破する必要があります。

司法書士試験は年齢や学歴の制限なく誰でも受験できるものですが、難易度は高く、相当量の勉強が必要です。

そのため、大学に進学して法律を学びながら計画的に試験勉強をしたり、民間の資格系スクール・予備校で試験対策をしてから、試験に臨む人が多くなっています。

司法書士試験に合格すると、新人研修を3ヵ月程度受け、修了考査に合格することで全国の司法書士会のいずれかに登録可能です。

それからは司法書士事務所を中心に、勤務先を探して働きはじめるのが一般的なルートとなっています。

資格取得後のキャリアパス

司法書士試験に合格する以外の道として、「裁判所事務官」や「検察事務官」を10年以上務め、法務大臣の認定を得ることで、司法書士の資格を得る方法が存在します。

ただし、こちらの道も簡単なものではなく、なるまでに時間がかかるため、学生から司法書士を目指す人は国家試験合格を目指すケースが多いです。

なお、資格取得者のなかには企業の法務部などに勤めて、会社員として、司法書士の知識を生かす人もいます。

実務経験を積めば独立開業の道も開けてきますが、近年は司法書士数が増加し続けていることから、自分の強みや得意分野をつくる努力が必要でしょう。

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました