彫金師とは、金属を彫る「彫金」の技術を駆使し、ジュエリーやアクセサリーを作る職人

高卒→進学の方が有利!

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「      彫金師        」

彫金師とは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

彫金師とは?

金属を彫り、ジュエリーやアクセサリー、仏具や家具、建築物などの飾り金具を製作する。

彫金師とは、鏨(たがね)という工具を使って金属を彫る「彫金(ちょうきん)」の技術を駆使し、ジュエリーやアクセサリーなどの装飾品、仏具や家具、建築物などの飾り金具を製作する職人のことです。

シルバーアクセサリーのアーティストや、ジュエリーデザイナーとして活躍する人も、彫金師に含まれます。

資格は必要ありませんが、専門技術を要する仕事であることから、大学や専門学校などで工芸(とくに彫金)の技術を身につけるとよいでしょう。

就職先の選択肢は決して多くなく、彫金師のもとへ弟子入りしたり、宝石メーカーでジュエリー製作に携わったりする人が多くなっています。

下積みが必要な職業で、見習い中は月収10万円ほどからスタートすることもめずらしくありません。

一人前になるまでは長い時間がかかるため、十分な覚悟をもっておく必要があるといえます。

 

彫金師の現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

彫金師の将来性や現状は?

一人前になるまでは地道な修業が必要な職人の世界

彫金の技術を用いて彫金師が製作するものは、ジュエリーやアクセサリーばかりではなく、燭台や食器、仏具や家具、建築物などの飾り金具など多岐にわたります。

ただし伝統工芸の場合は、依頼を請け負う工房や彫金師がほとんど定まっています。

そのため、すでに活躍している彫金師に弟子入りして技術を学ぶことになりますが、一人前になるまで10年ほどかかるうえに、安い給料でほとんど休みがないなど、よっぽどの覚悟がないと続かない職業です。

宝石メーカーに就職した場合でも、製作ひと筋であれば状況はあまり変わりません。

しかも宝石や貴金属業界が不況のため、求人そのものが非常に少なくなっています。

彫金師を取り巻く状況は、やや厳しいといえます。

ただし、趣味としてのシルバーアクセサリー作りは人気が高まっているため、彫金教室の講師やインターネット販売に携わる彫金師のニーズは以前よりも増しています。

彫金師の仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

彫金師ってどんな仕事?

彫金の技術を駆使して装飾品などを製作する職人

彫金師とは、鏨(たがね)という工具を使って金属を彫る「彫金(ちょうきん)」の技術によって、ジュエリーやアクセサリーなどの装飾品、仏具や家具、建築物などの飾り金具を製作する職人です。

伝統工芸の職人、またはシルバーアクセサリーのアーティスト、ジュエリーデザイナーなどとして活躍する人もいます。

製作するものによって、彫金師の作業工程は少し異なります。

ジュエリーであれば、まずは糸鋸(いとのこ)や木槌(きづち)、金槌、プライヤーなどを用いて、地金を切ったり叩いたり曲げたりする金属加工を行います。

バーナーの火で溶かして接着する「ロウ付け」や「ヤスリがけ」という研磨、タガネによる「透かし」「彫り」「打ち出し」「象眼」などの彫金技術を施し、宝石の「石留め」を行います。

デザインや販売、指導などの仕事にあたる人も

彫金師は、自ら製作に携わることはもちろんですが、なかにはデザインや販売まで手掛ける人がいます。

また、彫金教室の指導者となって、後進の指導に力を入れるケースもあります。

 

彫金師の給料面

みなさんここが一番気になっているんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

彫金師の給料・年収

伝統工芸の世界で弟子入りする場合は見習いからスタート

伝統工芸の彫金師は、見習いとして弟子入りするのが従来のあり方で、師匠のそばで技術を少しずつ習得していきます。

スタート時点ではアルバイトとして時給1,000~1,500円程度、月収10万円程度から始まることが多いでしょう。

正社員で雇用される場合は、月収20~50万円程度と腕前により幅がありますが、職人にボーナスは通常ありません。

宝石メーカーで社員として働く場合

宝石メーカーの製作部門に正社員として就職する場合は、最初から比較的安定した収入が見込めます。

ボーナスも支給されることが多いですが、初任給は15万円程度で、決して高い金額ではありません。

彫金師の世界では、一般的に勤続年数が10年を超えると一人前とみなされますが、そこまでは給料が低めであり、この仕事で生計を立てるのは大変です。

ジュエリー製作のみで10年続く人は2割程度しかいないといわれることがあります。

 

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

彫金師になるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

彫金師になるために必要なこと

彫金の技術を専門学校などで身につけることが可能

彫金師になるために必須の資格や学歴はありません。

ただし、彫金の技術を身につけるためには日々の努力と長年の経験が欠かせず、できれば事前に大学や専門学校、彫金教室などのスクールで学んだほうがよいでしょう。

大学の場合は芸術・美術系のなかでも工芸関連の学科に進み、さらに彫金を専攻することになります。

芸大・美大系の入学試験は学科試験のほか、デッサンなどの実技試験が行われることもあるため、高校生のうちから美術予備校に通うなどの入試対策が必要です。

幅広くアクセサリー製作を学ぶと活躍の場が広がる

また、彫金師は彫金教室の指導者を兼任することも多いため、ロストワックス技法やシルバークレイ(銀粘土)など、彫金以外のアクセサリー製作も学んでおくとよいでしょう。

ある程度の技術が身についたら彫金工房や宝石メーカーに就職するか、彫金師に弟子入りするのが一般的です。

基本亭には現場に入ると見習い期間からスタートし、先輩や師匠の下で仕事を覚えながら、少しずつ難しい業務を任されるようになります。

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました