人が亡くなることは避けられないため、葬儀屋という職業は時代を問わず一定の需要がある仕事です。

高卒→進学の方が有利!

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「       葬儀屋       」

葬儀屋とは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

葬儀屋とは?

亡くなった方の葬儀手配から式場準備、司会進行まで、葬儀に必要な一連の業務を担当する。

葬儀屋とは、亡くなった方の葬儀を開催するために必要な各種手配や準備、管理、進行を手掛ける人、もしくは企業のことです。

お客さまから葬儀の依頼を受けると、お通夜の手配、葬式の手配をし、式当日はスタッフが分業して仕事を進めます。

葬儀の規模や地域のしきたりなどにより、葬儀の流れは若干変わってきます。

基本的に、葬儀の連絡があり次第、対応をする必要があるため、葬儀屋の生活は不規則になりがちです。

葬儀屋は小規模の事業者が多いため、求人はあまり表に出ず人づてで決まることもありますが、葬儀について学べる専門学校に通えば、学校が就職先を紹介してくれることもあります。

人は誰しもいつか亡くなる以上、葬儀屋の需要がなくなることは今後も考えられません。

しかし家族だけでの小さな葬儀など、葬儀に対するニーズが多様化し、葬儀業界には変革が求められつつあります。

葬儀屋の現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

葬儀屋の将来性や現状は?

競争は厳しいが、時代を問わず一定のニーズがある

人間が亡くなることは避けられないため、葬儀屋という職業は時代を問わず一定の需要がある仕事です。

ただし、最近は大手の葬儀事務所だけでなく、個人経営や家族経営の小さな葬儀屋が増加し、業界内での競争は激化しつつあります。

基本的にはお客さまの依頼ありきで動く仕事ですが、各社とも魅力的なサービス、他社にはないきめ細やかな対応などでの差別化が必要になっています。

また、最近では価値観の変化や核家族化の影響から、葬儀に大きなお金をかけない人も増えているため、葬儀屋にとっては厳しい状況といえます。

生き残りをかけ、時代のニーズに合わせたプランを打ち出せる人や、営業力を持った人が必要とされています。

 

葬儀屋の仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

葬儀屋ってどんな仕事?

葬儀をトータルで管理・進行する仕事

葬儀屋は、亡くなった方の遺体を管理し、葬儀のはじめから終わりまでの運営や進行に携わる人、あるいは企業のことです。

遺族から葬儀の依頼を受けると、まず家族と一緒に内容を確認し、葬儀の手配をします。

病院以外で亡くなった遺体の場合には、葬儀屋自身が遺体を清め、適切な管理を行うこともあります。

葬儀の種類は一般的なもののほか、社葬や家族葬、密葬などいくつかあるため、どんな形でお見送りをしたいのか遺族の希望を聞きます。

葬儀当日は会場準備や司会進行、そして葬儀終了後は場内の片付けといったように、残された家族の気持ちに寄り添いながらも、葬儀を責任を持ってトータルコーディネートします。

お客さまの多様なニーズに応えていく

葬儀の実際の流れは、葬儀の規模や地域のしきたり、宗派などによって多少異なります。

また、葬儀屋といってもさまざまな業務があり、現場のスタッフとして遺族と接しながら動き回る人もいれば、本社で営業や事務などの仕事に携わる人もいます。

近年では葬儀のニーズが多様化しており、個々のお客さまの細かな希望に対応する葬儀屋が増えています。

 

葬儀屋の給料面

みなさんここが一番気になっているんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

葬儀屋の給料・年収

勤務先のほか、職種や役職などによっても収入は変わる

葬儀屋の規模は、大手企業から中小の個人事務所までさまざまです。

一般的に大手のほうが収入はよい傾向にあり、平均年収は500万円以上が見込めます。

ただし、職種や働く地域によっても多少の違いがありますし、管理職になるなどキャリアを重ねることでもっと多くの収入を得られる可能性もあります。

一方、中小規模の葬儀屋では、年収350万円~400万円台にとどまるケースもあるようです。

葬儀屋も、他の企業と同じような福利厚生がありますが、各社で内容が異なります。

大手企業は各種社会保険のほか、休暇制度、手当などが充実している場合が多いです。

葬儀屋として収入を上げるためには

葬儀屋として経験を積んだ人のなかには、独立して自分で葬儀屋を立ち上げる人もいます。

うまく各地域の需要をつかみ取ることができれば、年収1000万円以上も目指せます。

しかし、葬儀の数・ニーズが少なければ経営は苦しくなってしまうため、リスクもあり、大きな挑戦だといえるでしょう。

企業勤めの場合でも、実務経験を重ねて「葬祭ディレクター」の資格取得を得たり、「エンゼルケア」などに携われるようになったりすると、収入アップにつながることもあります。

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

葬儀屋になるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

葬儀屋になるために必要なこと

葬儀会社への就職を目指すのが第一歩

葬儀屋になるための方法のひとつとして、葬儀業界を目指す人のための専門学校で学ぶ方法があります。

葬儀関連のカリキュラムは、ホテルやブライダル系の専門学校の学科・コースとして設置されていることが多いです。

葬儀屋の業務に必要な知識を身につけることはもちろん、就職活動のサポートも受けられるため、卒業後はスムーズに就職しやすいのが魅力です。

大手の葬儀会社は、毎年定期的な新卒採用を行うところも多く、業界内では待遇もよいため人気が出やすいです。

なお、葬儀屋の募集職種は「総合職」として一括で採用されることもあれば、「葬祭ディレクター」「セレモニースタッフ」「納棺師」などの名称で出されることもあります。

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました