【進路相談 中学3年生】香水を作る仕事があるって知ってましたか?調香師の仕事内容

大卒じゃないとできない仕事

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「       調香師       」

調香師とは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

調香師とは?

香料を組み合わせ、身の回りのあらゆるものに使われる、新たな「香り」を作り出す。

調香師とは、数千種類にもおよぶ香料を組み合わせて、新しい香りを作る専門職です。

調香師の種類を大きく分けると、食品の香料(フレーバー)を作る「フレーバリスト」と、化粧品など、食品以外の香り(フレグランス)を作る「パヒューマー」があります。

調香師として働くうえで必須の資格はありませんが、化学や薬学系の大学、もしくは調香を扱う専門学校を卒業後、香料会社や化粧品メーカー、食品会社などに就職するのが、この職に就くための一般的なルートです。

研究職の一種に分類されることから、給料・年収は比較的高水準ではあるものの、調香師としての求人は決して多くありません。

とくに日本ではパヒューマーの求人が少なく、フレーバリストが大半を占めているのが現状です。

しかし、最近では香りのついた多種多様な製品が登場し、パヒューマーの新たな活躍の場が生まれています。

調香師の現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

調香師の現状は?

日用品の香りを開発する調香師の需要が拡大

最近ではアロマブームもあり、香りのついた生活用品が多く登場し、人気を集めています。

シャンプーやクリームなどのボディケア用品はもちろん、洗剤や柔軟剤、芳香剤など、さまざまな香りのバリエーションが求められています。

日常の中でも香りによって癒やしを求める風潮が高まっていることから、従来の食品・飲料のフレーバーはもちろん、生活に密接した香りづくりに携わる「フレーバリスト」の活躍の場ははますます広がるでしょう。

一方、日本国内では「パヒューマー」として、香水やフレグランスを作る調香師の仕事のの需要は非常に少ないのが現状です。

このような職を志望する場合は、フランスなどの海外に出ていくことを目指すほうが活躍できるチャンスが多いのが実情です。

調香師の仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

調香師てどんな仕事?

食品や化粧品などに使用する「香り」を作りだす

調香師とは、「香料」を組み合わせて新しい香りを作りだす、香りのスペシャリストです。

約6000種類以上ある香料を組み合わせて、食品や日用品、化粧品などの各製品のターゲットやコンセプトなどに応じた最適な香りを作ります。

調香師の仕事では、香料そのものの知識はもちろん、その基本となる化学的な知識、芸術的センスや感覚、時代のニーズや流行を読む力などまで求められます。

食品メーカーや化粧品メーカー、香料の専門会社などを中心に活躍しており、研究職の一種に分類されることが多くなっています。

フレーバリストとパヒューマー

調香師の種類は、大きく2つに分けられます。

・フレーバリスト:口に入るものの香りを調合する(食品、飲料、歯磨き粉、お酒、タバコなど)

・パヒューマー:口に入らないものの香りを調合する(化粧品、石けん、シャンプー、入浴剤、芳香剤など)

フレーバリストは、扱うものの種類が多岐にわたるため、お菓子の専門やタバコの専門など、ジャンルに分かれて担当します。

口に入る香料を扱うだけに、安全性についても十分に考慮しなくてはなりません。

一方、パヒューマーは、人々の暮らしに不可欠な洗剤や化粧品など、香りそのものをウリにする商品も多数扱います。

調香師の給料面

みなさんここが一番気になっているんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

調香師の給料

理系の専門職としてやや高めの給料・年収が見込める

調香師が食品メーカーや化粧品メーカーなどの企業に勤める場合、平均年収は400万円~550万円ほどと考えられます。

理系の大学や大学院を卒業後、専門的知識を備えた人材として研究開発部門に配属されることが多いため、同じ会社の営業職などと比較すると、基本給はやや高めに設定されていることが多いようです。

また、調香師を雇用する企業は大手が中心であるため、社会保険や各種手当をはじめとする福利厚生が充実しており、安定した生活を送りやすいでしょう。

専門職としての知識向上のために、外国語教育や各種セミナー、研修などさまざまなサポート体制のある会社も多く、場合によっては海外留学の機会もあるかもしれません。

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

調香師になるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

調香師になるために必要なこと

大学で化学や薬学の勉強をすることが近道に

調香師になるための一般的なルートは、高校卒業後に大学などで化学系の勉強をし、食品会社や化粧品会社、香料会社などへの就職を目指すことです。

必ずしも高学歴が求められるわけではありませんが、香料に関連性の高い分野である化学または薬学の勉強をしておくと、就職時に有利になりやすいです。

人によっては大学卒業後、修士・博士課程まで進み、より高度な専門性を身につけて各企業の研究職として就職を目指します。

また、最近では習得した香りに関する知識を生かして、アロマやハーブ関係のショップに勤務する人も増えています。

調香の本場フランスへ留学する道も

調香師のなかでも、海外の一流香水メーカーでパヒューマーとしての仕事をしたい場合は、海外留学をする道も考えられます。

調香の本場はフランスであり、現地では世界的に活躍しているパヒューマーを多く輩出しています。

簡単な道のりではありませんが、日本での求人の大半はフレーバリストであるため、本気でパヒューマーを目指すのなら考えてみるとよいでしょう。

 

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました