【進路相談 中学3年生】英語が得意な君ぴったりの仕事!翻訳家!翻訳家になるために必要なこと

高卒→進学の方が有利!

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「       翻訳家       」

翻訳家とは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

翻訳家とは?

翻訳家は、外国語の文章を日本語に訳す仕事です。

文芸、研究論文、映像作品などに使われている外国語の文章がおもな対象になり、小説やノンフィクションなどの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、企業や研究者が利用するための翻訳をする「実務翻訳」、映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの翻訳する「映像翻訳」などの分野があります。

翻訳家として働くときに必須となる資格はありませんが、英語であれば英検1級、TOEC900点台の語学力が必要とされています。

近年は英語だけでなく、中国語など経済発展が著しい新興国の翻訳の需要が高まってきています。

翻訳家の現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

翻訳家の現状は?

世界の社会環境が変化しているように、翻訳家を取り巻く状況もさまざまな変化があります。

かつて、翻訳家は該当分野に詳しい学者や専門家、翻訳会社に所属している人間が優遇され、人脈やコネが重視される面がありました。

しかしITの発達にともないSOHOや個人事業者が増え、とりたててツテのない一般人でも容易に翻訳業界に参入できるようになっています。

実際、このところは会社員の副業として、あるいは子育て中の主婦が格安で翻訳の仕事を引き受ける例もあります。

一方、海外在住の日本語ができる人々が安く案件を請け負うケースも増え、競争が激しくなってきています。

こうした結果、全体として翻訳家の単価は下落傾向にあるといえます。

それでも、翻訳家としての実績や技量が十分な人や専門分野の強さで定評のある人は、引き続き高い報酬を得ることもできているようです。

翻訳家の仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

翻訳家ってどんな仕事?

翻訳家の仕事は、ひとことで言えば外国語の文章を日本語に訳すことです。

翻訳には大きく分けて、3つのジャンルがあります。

文芸翻訳

海外の書籍や雑誌、歌詞など、さまざまな文芸作品の翻訳をする作業です。

文芸作品であるため、翻訳の際には正確さだけでなく、前後の文脈や作品の世界観を伝えることも必要です。

外国語の能力に加え、高い日本語能力が求められます。

文芸翻訳を専門に行う人は、翻訳会社のトライアルに合格してエージェントとして所属し、仕事をあっせんしてもらう形や、個人で出版社の人間との知り合いなどで注文を受ける形、あるいは研究者など該当分野に専門知識があり、本業の合間に頼まれて翻訳を行うケースもあります。

最初にクライアントと契約や打ち合わせを行い、進捗を報告しながら自宅で自分のプランに基づいて仕上げていくやり方が一般的です。

昨今はパソコンやネットを使って作業を進められるので、営業活動から打ち合わせ、納品まですべて自宅で行うこともあります。

実務翻訳

ビジネス用の文書、学術書、マニュアル、契約書など、企業や研究者が利用するための翻訳です。

医療、金融、ITなど専門的な知識が求められてきます。

医学や物理や生物学といった理系の論文は、英語での執筆が必要になるケースがほとんとです。

そのため、実務翻訳の翻訳家はクライアントから依頼を受けて、国際的な雑誌に掲載するための翻訳や英文のチェックを行ったり、海外の学術論文や重要文献を翻訳したりします。

あるいは海外に輸出する日本製品の英文の説明書や書類の作成や、貿易会社で英文の契約書の翻訳をするケースもあります。

また、広告やIT機器やソフトウェアの日本語化、特許関係の書類の翻訳、海外への発注や連絡などのメールのやりとりといったことにも携わります。

こういった実務系の仕事は、会社側が普段から優秀な人材を確保しておきたいために、正式な社員として雇われることも多いです。

会社に所属した場合、一般社員と同じように出勤し、一定の勤務時間の中で仕事を行う、どちらかといえば事務系の社員と同じような仕事のスタイルとなります。

ハローワークでも「テクニカル翻訳」や「産業翻訳」などの分野で求人が出ている場合があります。

映像翻訳

海外の映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの翻訳をし、字幕をつくる仕事です。

人が文字を読む速度には限界があるため、限られた字数内にまとめることが求められます。

映像翻訳では、その国の文化、風習やスラング、時事まで理解していないと正確に翻訳することができませんし、字幕の翻訳にもセンスが要求されます。

この分野を専門にする場合、配給会社や制作会社に所属して翻訳作業を行うケースも多いとされます。

複数のチームで練り上げたり、仕上げた字幕は会社側で改めて推敲したりと、さまざまな観点から複数の目でチェックされます。

翻訳家の給料面

みなさんここが一番気になっているんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

翻訳家の給料・年収

翻訳家の給料は個人によっての差が大きく、また働き方によっても変わってきます。

企業の社員として働く場合は正社員もしくはそれに準じた扱いになり、安定した収入を得やすいです。

しかし翻訳家はフリーランスで働く人も多いため、収入は案件ごとに定められる報酬や、請け負う案件量によって変動します。

経験豊富で、実力が認められれば収入を大きく上げていけますが、難しい翻訳をするには非常に高い語学力が求められるため、副業やお小遣い程度の収入しか得られず他の仕事と兼業で働く人もいます。

翻訳家の平均年収・月収・ボーナス

翻訳家の年収は400万円~450万円前後がボリュームゾーンと考えられます。

派遣社員の給料がやや高めとなっているのは、専門性が求められる職種であることが背景にあるとうかがえます。

時給設定は、一般事務よりも2~3割程度高めとなっている場合が多いです。

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

翻訳家になるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

翻訳家になるために必要なこと

翻訳家になるには、決まった資格・免許はなく、卒業が必要な学歴もありませんから、目指すルートは人それぞれです。

ただし、相当に高い語学力が必要になってきますので、翻訳家は必然的に大学や短大の外国語系学部出身者が多くなっています。

学校卒業後の進路は、大きく「就職する人」と「フリーランスになる人」に分かれます。

翻訳専門会社に就職できれば専任の翻訳家として働くことができますが、求人数は多くありません。

また、実務経験がない人を雇ってくれる会社はとくに少ないのが実情です。

そのため、フリーランスとして翻訳会社に登録し、スポットで仕事をもらう働き方を選ぶのが一般的です。

このほか、貿易関連会社など翻訳業務ができる一般企業に入社し、翻訳の実務経験を積んだ後に、翻訳専門会社の採用試験を受けたり独立したりする方法もあります。

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました