【進路相談 中学3年生】本気で声優目指しているけど、不安でしょうがないです。

高卒からできる仕事

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「      声優        」

声優とは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

声優とは?

アニメやゲームのキャラクターボイス、海外映画の吹き替えなど、「声」で役柄を演じる。

声優とは、アニメーション作品や外国映画の登場人物などに、声を吹き込む人のことです。

女優や俳優が全身を使いながら役柄に合う演技をするのに対し、声優は自分の「声」を使って、作品にふさわしいキャラクターを演じていきます。

活躍の場はアニメや海外映画のほか、ドキュメンタリーの吹き替えやゲーム、テレビ・ラジオのナレーションなど多岐にわたります。

声優になるためには、まず声優の養成所や声優専門学校で訓練を積んだのち声優プロダクションに入り、仕事ごとにオーディションを受けていくのが一般的な流れです。

厳しい競争の世界であり、オーディション合格のためには、日々地道な訓練やトレーニングが欠かせません。

なお、声優の収入は実績を重ねることでギャラが上がる仕組みになっており、経験があまりないうちは収入が低めで、やや不安定な生活になることを覚悟しておく必要があります。

声優の現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

声優の現状は?

スキルアップを続け、活躍の幅を広げるための努力が不可欠

声優は多くの人が憧れる人気の職業の一つですが、世の中で知名度の高い声優は、多数の声優の卵たちのなかでもほんの一握りです。

この世界で成功するのは非常に大変で、アルバイトをしながら何年もオーディションを受け続けている人は多くいます。

ただし、アニメの制作数は増加傾向にあり、ネット配信やCS放送など、アニメが流される場所も増えています。

映像のストリーミング配信も普及し、洋画や海外ドラマジャンルでの吹き替えニーズも高まっています。

ナレーションなど他の領域でも声優が必要とされる場は多く、年齢問わず活躍できる仕事であるため、そうした点では将来性は十分といえるでしょう。

なによりも地道にスキルアップし、仕事を掴み取ろうとする熱意が不可欠です。

 

声優の仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

声優ってどんな仕事?

アニメ作品や外国映画などの登場人物に声を吹き込む

声優の仕事は、アニメーション作品のキャラクターや、映画(外国映画)の登場人物などに声を吹き込むことです。

このような声を吹き込む作業のことを、業界用語で「アフレコ」もしくは「アテレコ」といい、その作品で求められる声を映像を見ながら当てていきます。

それ以外にも、ドラマやドキュメンタリーの吹き替え、ゲームのキャラクターボイス、テレビ・ラジオのナレーションなど、さまざまな場所で自分の声を生かして活躍しています。

音のない映像に声を当てていくことで、より躍動感や説得力を与え、作品として質の高いものにしていきます。

マルチな活動をする声優も

声優は、基本的に顔を出して活動をすることはあまり多くありません。

しかし、人にもよりますが、最近ではひと昔前に比べると声優自身が表に出る機会も増えています。

たとえば、人気が出てきた声優は歌手としてCDデビューしたり、コンサート・イベントに出演したり、舞台俳優となるなど、マルチな活躍を見せる人もいます。

声優の給料面

みなさんここがいちばんきになってるんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

声優の給料

仕事の案件ごとにギャラが設定される

声優のほとんどは、個人事業主として働いています。

プロダクションや事務所の専属声優となり、毎月決まった給料をもらう声優もいますが、多くの声優は事務所と個人事業主としての契約を結び、事務所に手数料を支払うことで、仕事の調整や営業などの管理業務を任せています。

そういった場合、案件ごとのギャラ(報酬)から手数料を差し引いた分の金額が、声優の給料として入ってきます。

まだ無名の新人のうちは、他の仕事(アルバイトなど)と兼業しなければ生計を立てるのは難しいでしょう。

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

声優になるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

声優になるために必要なこと

声優養成所で学んでからプロダクションへ所属

声優になる方法として一般的なルートは、まず声優養成所や声優スクールに入ることです。

それらの場所で声優としての基礎的な知識や技術を身につけてから、声優プロダクションに所属することで、声優の仕事を得るためのオーディションが受けられるようになります。

養成所やスクールに入るにあたっての年齢制限はさほど厳しくありませんが、ほとんどの声優志望者が10代後半から20代前半など、比較的若いうちに入所しています。

通常、声優としてバリバリ活躍できるまでにはある程度の時間がかかることを考えると、できるだけ早いうちに進路を決めるほうがよいでしょう。

学校に通えば必ずデビューできるわけではない

注意しておきたいのは、声優養成所やスクールに入ったからといって、デビューが約束されているわけではないということです。

もし能力や適性等が認められない場合は、プロダクションに入れなかったり、長い間オーディションに合格できなかったりする可能性もあります。

養成所やスクール時代には、他の多くの仲間と切磋琢磨し、実力アップのために必死で練習を続けることになります。

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました