【進路相談 中学3年生】最近急上昇!なりたい職業上位進出!アニメーター!!

高卒からできる仕事

 

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「      アニメーター        」

アニメーターとは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

アニメーターとは?

絵コンテに従い、アニメーションの基となるキャラクターや背景の絵を細かく描く。

アニメーターとは、アニメ制作会社や制作プロダクションにおいて、アニメーションの基となる1枚1枚の絵を描く人のことです。

アニメーターは、動画の基本となる原画を描く「原画マン」と、原画と原画の間の細かなコマの絵を描く「動画マン」に分かれており、通常、新人は動画から描いて経験を積んでいきます。

アニメーターになるための決まったルートはありませんが、美術系の大学やアニメーター養成のコースがある専門学校でデッサンやデザインの基礎を学び、アニメ制作会社に入社するルートが一般的です。

最近ではソーシャルゲームやスマートフォンアプリでも、アニメーターが活躍する例が増えています。

しかし、業界全体としては人件費が安い海外に作画の仕事を任せる流れが加速し、国内のアニメーターの待遇改善が望まれています。

アニメーターの現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

アニメーターの現状は?

厳しい環境下でも実力を高め続ける努力が求められる

昨今のアニメ業界では、人件費を抑えたいという観点から、動画を描く作業を韓国や中国といった海外に任せるケースが増えています。

その結果、日本の若手アニメーターの育成が滞ってしまい、同時に海外のアニメーターとの競争も激しくなっています。

しかしながら、日本のアニメーションは世界に誇る文化です。

優秀な国内のアニメーターなしでは素晴らしいアニメーションは生まれないため、制作会社のなかには、積極的に若手アニメーターを育てようという動きを見せるところも出てきています。

もともとアニメーターは現場経験を積んで一人前になっていける職業です。

若いうちは給料も低めで、不安定な生活を送る可能性がありますが、あきらめずに地道に実力を高める努力が欠かせません。

昨今ではソーシャルゲームやスマートフォンアプリの制作の場でも、アニメーターのスキルをもつ人材のニーズがあります。

多様な活躍のチャンスをモノにできるように、強い意思や志をもった若者の活躍に期待が寄せられています。

アニメーターの仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

アニメーターってどんな仕事?

アニメーションのキャラクターや背景を細かく描いていく

アニメーターとは、おもにアニメーション作品で使われるキャラクターや背景などの動きを、1枚1枚の絵に描いていく人のことです。

アニメーション制作は複数の工程があり、そのうちアニメーターは「作画」と呼ばれる部分を担当します。

アニメーターが描く絵は「原画」と「動画」の2種類があり、原画とはアニメーションの動きの中でポイントとなる絵、動画は原画と原画の間に挟まる絵を指します。

現場では、原画を描く「原画マン」と動画を描く「動画マン」が別々に存在し、新人はまず動画から担当し、キャリアを重ねていくのが一般的です。

動画がしっかり描けるようになると、そのうち原画を任されるようになり、さらに原画マンとしても実力が認められれば「作画監督」といって、原画マンや動画マンのリーダー的な立場の仕事ができるようになります。

アニメーターの給料面

みなさんここがいちばんきになってるんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

アニメーターの給料

歩合制で収入を得ている人が多い

アニメーターはフリーランスとして働く人が多いため、給料は基本的に「歩合制」です。

制作会社やスタジオに所属していてる場合でも、正社員や契約社員でない限りは、月給として安定した給料がもらえない場合が多いです。

たいていの場合は、単価が「1枚あたりいくら」と決められており、収入を上げるにはたくさんの絵を描くしかありません。

仕事をこなせばこなすほど収入は増えますが、新人のうちは多くの仕事が得られず、月に5万円から10万円程度しか稼げない人もいます。

さまざまなデータを基に見ていくと、アニメーター全体の平均年収は250万円~400万円ほどと推定できますが、人によってかなり差がつきやすいのがアニメーターの特徴です。

若手のうちは厳しい生活になる覚悟が必要

アニメーターの雇用条件は厳しいものであり、とくに経験の浅い若手アニメーターは薄給激務の生活になりがちです。

また、フリーランスで働く人が多いため、一般的な会社員のような福利厚生も期待できず、不安定な日々を送る覚悟をもっておくべきでしょう。

ただし、経験を積んで実力が認められれば、状況は少しずつよくなっていきます。

原画を描けるようになり、さらに作画監督にまで上り詰めれば、安定した年収を得られる可能性が高まります。

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

アニメーターになるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

アニメーターになるために必要なこと

専門学校や大学などで絵の勉強をする人が多い

アニメーターに一番に求められるのは、プロとして仕事をこなせるだけの「画力」です。

画力は独学で向上させることもできますが、一般的には学校に通ってスキルを身につける人がほとんどです。

アニメーションの専門学校や美術系大学、アニメーション学科のある大学に通うことで、アニメーターになるのに必要な基礎的なスキルを習得できます。

専門学校等では単純に上手な絵を描く勉強だけでなく、アニメーション制作で求められること、仕事の流れなども学ぶことができ、より実践的な能力を身につけられます。

現場に入ってからも修業の日々が続く

アニメーターは、アニメーションの制作会社やプロダクションに就職し、キャリアをスタートする人が大半です。

最初は原画と原画の間の絵を描く「動画マン」としての役割を任されます。

その後、十分な力があると認められれば「原画マン」にステップアップし、さらに実力がつけばアニメーター全体を取り仕切る「作画監督」を目指すことができます。

一人前のアニメーターになるまでには時間がかかるため、現場に入ってからも、地道に修業を積む気持ちで仕事に打ち込む姿勢が求められます。

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました