【進路相談 中学3年生】小さいころからの憧れ!電車の運転手・運転士のなり方!

高卒からできる仕事

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】小さい頃憧れたバスの運転手さん!バス運転手までの道のり

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「       電車運転手       」

電車運転士とは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

電車運転士とは?

高度な技術で電車を動かす。車内の点検や整備にも責任を持ち、安全な運行を実現する。

電車運転士の仕事は、JRや私鉄など、さまざまな鉄道会社に所属し、その会社が保有する電車の運転をすることです。

鉄道会社への入社後は駅員や車掌を数年経験し、その後、訓練を受けて電車運転士の道に進むことができます。

電車の運転は「職人技」ともいわれており、特殊な技術を習得しなくてはなりません。

また、たとえば同じ車両でも気象条件や乗車率によって微妙にブレーキのかけ方を変えるなど、状況に応じた判断力と集中力が求められます。

日本の電車は厳密な「ダイヤ」に沿って運行されており、電車運転士は秒単位で細かく時間を気にしながら、電車の正確で安全な運行に責任をもちます。

出発前の点検作業や到着後の報告・事故の対応なども重要な業務の一部です。

学歴はとくに問われませんが、工業高校や商業高校の卒業生の採用実績が多くなっています。

待遇は安定していますが、都市部の大手鉄道会社と地方の鉄道会社とでは給料に大きな開きが出ることも珍しくありません。

電車運転士の現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

電車運転士の現状は?

社員の一人としての強い自覚が求められる

鉄道各社では、「団塊の世代」の電車運転士が多く退職したことにより、若手電車運転士の育成が急務となっています。

しばらく安定した採用が続きそうですが、自社で育成するコストを省くために、経験のある運転士を中途採用する会社も増えています。

電車運転士は、未経験から1年や2年でなれる職業ではありません。

新卒で電車運転士を目指す人は、まず駅員や車掌として地道に経験を積んでいき、厳しい訓練や勉強をしっかりと乗り越える努力が不可欠です。

関連事業に手を広げる鉄道会社も

近年、鉄道会社では自社の沿線そのものを活性化させようと、不動産や飲食業、流通サービスなどの関連事業も手がけて、他社との差別化を目指しているところが増えています。

沿線に人が増えれば、それだけ鉄道の利用者数も増えていくからです。

鉄道会社も昔よりもずっと競争が厳しくなっており、とくに地方では赤字に悩む会社も増えてきています。

そうしたなか、電車運転士にも社員の一人として、よりいっそう強い自覚が求められています

 

電車運転士の仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

電車運転手ってどんな仕事?

人々の交通手段として欠かせない電車を運転し、乗客を安全に目的地まで運ぶのが電車運転士の仕事です。

電車運転士の基本として常に忘れてはならないのは、

  • 安全
  • 正確
  • 快適

の3つです。

乗車している何百人、何千人もの人の命を預かるため、運転士の運転は必ず安全なものでなければなりません。

そのため、日ごろから運転技術を磨くことが必要です。

運転は職人技ともいわれ、同じ車両でも気象条件や乗車率によって微妙にブレーキのかけ方を変えるなど、状況に応じた判断力と集中力が求められます。

また、すべての電車は決められたダイヤに沿って動いているため、もし1本の電車が遅れてしまえば、その他の電車にも影響が出てしまいます。

電車は秒刻みでダイヤが組まれており、時間通りに運転することも運転士として必須のスキルです。

さらに、快適さも重要な要素です。

満員電車の中で急ブレーキをかければ乗客同士でぶつかる危険性があり、乗客も不安に感じてしまいます。

いつでもスムーズで快適な運転を心がける必要があります。

電車運転士の給料面

みなさんここがいちばんきになってるんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

電車運転手の給料

電車運転手の給料・年収は、基本的に勤続年数とポジション(役職等)が上がれば給料も上がっていきますが、最も収入が得られるのは、JRや大手私鉄はじめとする大規模な鉄道会社で電車運転士をすることです。

各社のデータより、電車運転士の年収は490万円~640万円、新幹線運転士の年収は500万円~670万円の間と言われ、一般のサラリーマンの年収よりも若干高めとなっています。

厚生労働省の令和元年度賃金構造基本統計調査によると、電車運転士の平均年収は39.1歳で619万円となっています。

  • 平均年齢:39.1歳
  • 勤続年数:17.5年
  • 労働時間:146時間/月
  • 超過労働:16時間/月
  • 月額給与:389,700円
  • 年間賞与:1,511,600円
  • 平均年収:6,188,000円

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

電車運転手になるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

電車運転士になるために必要なこと

電車運転士になるためには、まず駅員として1年から数年間さまざまな経験を積み、車掌を目指します。

そこでも数年間の経験を重ね、「動力車操縦者免許」の国家資格を受けて合格することで、はじめて運転士として働けるのです。

「動力車操縦者免許」にはさまざまな種類があり、電気を動力として走る電車の運転に必要な「甲種電気車」・路面電車を運転するための「乙種電気車」など、取得した免許によって運転できる車両が決まっています。

鉄道会社に就職しても、いきなり運転士の仕事ができるわけではありません。

まずは駅員としてお客さま対応や改札業務など、駅の利用客と直接接しながら1年から数年間さまざまな経験を積みます。

その後、社内の試験に合格すれば車掌になれます。

そこでも数年間の経験を重ねたのち、国家試験を受けて運転士の免許を取得することで運転士として働けるのです。

同じ車掌や運転士でも、会社によってはその中で細かく等級が分かれているケースもあります。

また、すべての駅員が車掌・運転士になるわけではありません。

本人の希望や適正によっては、ずっと車掌としてキャリアを重ねる人もいますし、運転士になってからも状況に応じては車掌の業務を行う人もいます。

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました