【進路相談 中学3年生】学校の先生だけじゃない!学校の図書館で働く仕事、司書!!

高卒→進学の方が有利!

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「      司書        」

司書とは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

司書とは?

学校・自治体の図書館に勤務する職員。本の管理や施設運営に携わり、快適な空間をつくる。

図書館司書とは、公立図書館や小中高の学校の図書室や大学の図書館にて、本を管理し、図書館のさまざまなサービスを担当する職員のことです。

具体的な業務内容は、本の貸出や返却の対応、本の購入・管理、配架、読書相談、イベント開催、展示コーナーの設置など、多岐にわたります。

司書として採用されるには、「司書」の資格を取得していることが条件となっていることがほとんどです。

大学や短大で司書取得に必要な科目を履修する、あるいは司書講習を受講するなどによって、司書資格を取得することができます。

小中高の学校で司書として勤務するためには、司書の資格に加えて「司書教諭」の資格も必要です。

しかし、これらの資格を取得しても、臨時職員や派遣社員、アルバイトとしての募集がほとんどで、正社員の採用はあまりないのが現状です。

司書の現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

司書の現状は?

一定の需要はあるものの正規採用が増えづらい現実

司書の今後の見通しはあまり明るくありません。

図書館自体はつぶれることはほぼないといってよく、安定した職場ですが、司書の働き方にフォーカスを当ててみれば、不安定な非正規雇用と、業務を外部へアウトソーシングする流れが加速しています。

もちろん、図書館の意義が再度検討されて司書の専門性についての理解が進めば、今後は司書の待遇が改善されることもあるでしょう。

しかし、現状では図書館司書をとりまく状況は厳しいため、「司書になりたい!」という強い思いがあっても、なかなかそれを叶えられないまま、仕方なく別の仕事に就く人も多いです。

どうしても司書を目指したければ、非正規雇用まで視野を広げてみるか、学校図書館に勤務する「司書教諭」や「学校司書」を目指す道などを模索してみるのもおすすめです。

 

司書の仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

司書ってどんな仕事?

図書館司書は、公立図書館や小中高の学校の図書室や大学の図書館で本を管理し、図書館のサービスを担当する仕事です。

本の貸出や返却の対応、本の購入・管理、配架、読書相談、イベント開催、展示コーナーの設置などを行います。

司書の採用は、司書の資格を取得していることが条件となっていることがほとんどです。

大学や短大で司書取得に必要な科目を履修する、あるいは司書講習を受講するなどによって、資格を取得することができます。

なお、小中高の学校で司書として勤務するためには、司書の資格だけでなく司書教諭の資格も必要です。

臨時職員や派遣社員、アルバイトとしての募集がほとんどで、正社員を採用しているところは少ないのが現状です。

司書の給料面

みなさんここが一番気になっているんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

司書の給料・年収

図書館で働く司書は、資格を必要とされることが多く、専門性の高い職業として知られています。

しかし、正規雇用の求人が少ないので、嘱託職員や臨時職員、アルバイトやパートなどの非正規雇用で働いている人が多いのが現状です。

こうした事情から、給料に関しては高収入というわけではありません。

地方の図書館で正規雇用で働く司書の場合、月給にして15万〜20万円前後からスタートすることが多いようです。

派遣社員の場合は時給が1300~1500円前後、アルバイトやパートの時給は1000円前後となりますが、地域によっても差があります。

司書の平均年収は、とくに高いというわけではありません。

公立の図書館で地方公務員として働いている人の場合は一般企業よりも収入が多いことがありますが、嘱託職員やアルバイト・パートとして働いている人の場合は年収が100万円台であることも珍しくないのです。

主婦のパートとして、扶養の範囲内で働いている人も多くいます

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

司書になるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

司書になるために必要なこと

司書として働くうえで「司書」の資格が絶対必要というわけではありません。

ですが、図書館の募集要件として、司書の資格を取得していることが条件となっていることが多くあります。

そのため、司書として働く、第一歩としては資格を取得することが大切です。

この司書の資格を取るためには、次の三つの方法があります。

カリキュラムを勉強

一つ目は大学や短期大学在学中に「司書養成科目」の単位を修得して資格を取得する方法です。

このためには、図書館学に関連する科目を開講している学校に進学しなければなりません。

二つ目は、大学や短大、高等専門学校を卒業した後で、「司書講習」を受講して資格を取得する方法です。

「司書講習」とは、図書の専門業務に携わるために必要な知識・技術を身につける講習会のことです。

平成31年度の場合、司書講習は文部科学大臣の委嘱を受けた全国の大学7校で開講される予定です。

司書補からステップアップ

三つ目の司書資格取得方法は、「司書補」からステップアップすることです。

司書補とは、司書を補佐する役割の図書館専門職で、司書と同じように貸出・返却業務やレファレンスサービスなどの業務に携わります。

司書補は、高等学校を卒業している、または高等専門学校第3学年を修了している人であれば、「司書補講習」を受けることができます。

司書補の資格を取り、図書館で3年以上の勤務実績をあげれば、上級資格である司書になるために司書講習を受講できます。

そして、講習修了後に司書の資格が与えられるというわけです。

 

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました