【進路相談 中学3年生】ファッションアドバイザー!給料面で難あり?

高卒からできる仕事

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「      ファッションアドバイザー        」

ファッションアドバイザーとは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

ファッションアドバイザーとは?

アパレルショップで、お客さまへの商品の提案や、着こなしのアドバイスをする。

ファッションアドバイザーは、アパレル製品を扱う店舗において、お客さまの好みやニーズに合わせた商品を提案したり、トレンドを踏まえた着こなしのアドバイスをしたりする仕事です。

未経験からでもスタートできますが、商品の種類や特性をよく理解し、自分自身のセンスも磨く必要があります。

また、人と接することが好きであることも重要な要素となります。

おもな就職先はアパレルメーカー直営店、衣料品販売店、百貨店やブランドショップとなり、雇用形態は正社員のほか、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトとして働く人も多数います。

したがって、全体の平均年収は300万円前後とやや低めとなっています。

お客さまに対して気持ちよい接客をし、売上向上に貢献できる人は、どのような職場でも歓迎されるでしょう。

ファッションアドバイザーの現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

ファッションアドバイザーの現状は?

通販ショップより実店舗を選ぶ人も

インターネットやスマートフォンが普及する現代では、店舗に足を運ばなくても通販やネットショッピングで気軽に衣服を購入しておしゃれを楽しむ時代となりました。

しかし、実際に衣類を手にとって、素材の手触りや色あいを確かめたり試着してから買い物をする人もいまだ多く、ブティックや専門店、百貨店の服飾店、セレクトショップなどが今後なくなることはまずないでしょう。

ファッション業界やアパレル業界は、いかに売上を伸ばし生き残るかが問われる競争が激しい業界でもあります。

ECサイトの開業やネットショップの売上げは年々増加傾向にありますが、お客さまが足を運ぶ実店舗において売上に貢献できるファッションアドバイザーは、今後も需要がある職種として活躍できるでしょう。

ファッションアドバイザーの仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

ファッションアドバイザーってどんな仕事?

購買意欲を高めるディスプレイ作り

ファッションアドバイザーとは、衣類・服飾用雑貨を扱う店舗の中でお客さまに商品を提供する、いわゆるショップ店員のことです。

主にお客さまのニーズや好みに合わせた商品を提案したり、トレンドを取り入れた着こなしやコーディネートの仕方についてアドバイスを行います。

まずは、お客さまの目に留まるようなウィンドウディスプレイのアレンジを行い、店内に足を踏み入れたくなるような”雰囲気づくり”を行うのがファッションアドバイザーとしての腕の見せどころです。

店内においても店の個性をアピールするためのレイアウトや、トルソー(マネキン)を用いたディスプレイ作りを行うことも大切な仕事です。

入店したお客さまには明るい笑顔と丁寧な言葉づかいを心がけ、お客さまが買い物を存分に楽しんでいただけるように「おもてなしの心」で接客します。

お客さまが手に取った商品をきれいにたたみ直し元の場所に戻すなど、商品を美しく見せるための美的センスを常に意識しながらレイアウトを行います。

そのほか商品管理や発注業務、商品の入れ替え作業やマーケティング、購買動向研究など販売以外の仕事も行います。

 

ファッションアドバイザーの給料面

みなさんここがいちばんきになってるんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

ファッションアドバイザーの給料

平均年収250万円~350万円程度

ファッションアドバイザーの平均年収は250万円~350万円程度が相場といえます。

未経験から就職した場合、初年度の年収はおよそ200万円程度からスタートし、5年目くらいになると300万円程度になるようです。

月収は15万円~25万円未満がファッションアドバイザー全体のおよそ9割を占めており、他の職種と比べると年齢や経験年数に応じて給与水準の差があまり見られないのが特徴ともいえます。

ファッションアドバイザーとしての実績を積んだのち、店長やマネージャー職など役職がついたり、商品企画・営業・マーチャンダイザー・マーケティングやバイヤーなど、ほかの職種へとキャリアップが可能になれば年収増加も期待できます。

しかしながら、ファッションアドバイザー専任となると高収入を望むのは難しい現状です。

 

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

ファッションアドバイザーになるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

ファッションアドバイザーになるために必要なこと

ファッション知識を学び接客経験を積む

ファッションアドバイザーになるためには、特に必要とされる資格などはありません。

ファッションアドバイザーを目指すには、専門学校やスクール、通信教育などでファッションに関する専門知識やコーディネート技術を習得したのち、百貨店やアパレルメーカーなどに就職するのが一般的です。

ファッションアドバイザーは、お客さまの購買意欲を高めるアドバイスがきちんとできることが求められます。

そのためには扱っている商品の特性を十分に理解した上で、その年やシーズンのトレンドとなる素材や色・デザインなどについても常に把握しておかなければなりません。

コーディネートセンスや接客技術を身に着けるためには、何よりも現場経験で学び、接客経験を積むことが重要となります。

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました