【進路相談 中学3年生】なれたら人生勝ち組!?産婦人科医!!

大卒じゃないとできない仕事

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「       産婦人科医       」

産婦人科医とは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

産婦人科医とは?

産婦人科医は、新生児から高齢者までの幅広い年齢の女性を対象としており、「産科」と「婦人科」に分かれます。

産科医の仕事は、新しい命の誕生に立ち合いサポートすること、また婦人科医の仕事は女性特有のトラブルを扱い、生涯を通じて女性の健康をサポートすることです。

「産科」は妊娠、分娩、産褥期(さんじょくき:出産後、体が妊娠前の状態に戻るまでの期間のこと)までを診療し、「婦人科」は内分泌および不妊と悪性腫瘍に関して、また、生理不順や更年期障害についての診療、治療を行います。

生命の誕生という神秘的な光景に立ち会うことができ、また通常病気を扱う医師の仕事の中で、心から「おめでとうございます」といえる数少ない科です。

産婦人科医の就職先、活躍の場

産婦人科医としてのキャリアは、最初は大学病院や大きな病院からはじまることが多いです。

医師免許をとって臨床研修を修了しただけでは、産婦人科の仕事は務まりません。

先輩医師に教わりながら分娩の経験やノウハウを身につけ、産婦人科専門医・日本産婦人科内視鏡学会技術認定医・周産期専門医などの資格取得を目指します。

産婦人科医として一人前になってからは、産科を専門、婦人科腫瘍を専門、不妊治療を専門にするなどの道へ分かれるのが一般的です。

ほかにも、月経困難症や中絶手術、性感染症治療、女性アスリートのサポートなどを専門とする医師います。

産婦人科医の現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

産婦人科医の現状は?

産婦人科は激務になりがちなため、医師数が絶対的に足りておらず、引く手あまたの状況です。

少子化が進行し、お産が減少していることは事実ですが、一方では晩婚化による高齢出産が増え、ハイリスク出産は今後も増えていく可能性があります。

産婦人科医の仕事は大変な場面が多いものの、お産から婦人科手術まで担当できる産婦人科医のニーズは大きく、この状況は今後も続いていくものと考えられます。

 

 

産婦人科医の仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

産婦人科医ってどんな仕事?

産婦人科医は、新生児から高齢者までの幅広い年齢の女性を対象としており、「産科」と「婦人科」に分かれます。

産科医の仕事は、新しい命の誕生に立ち合いサポートすること、また婦人科医の仕事は女性特有のトラブルを扱い、生涯を通じて女性の健康をサポートすることです。

「産科」は妊娠、分娩、産褥期(さんじょくき:出産後、体が妊娠前の状態に戻るまでの期間のこと)までを診療し、「婦人科」は内分泌および不妊と悪性腫瘍に関して、また、生理不順や更年期障害についての診療、治療を行います。

生命の誕生という神秘的な光景に立ち会うことができ、また通常病気を扱う医師の仕事の中で、心から「おめでとうございます」といえる数少ない科です。

産婦人科医の就職先、活躍の場

産婦人科医としてのキャリアは、最初は大学病院や大きな病院からはじまることが多いです。

医師免許をとって臨床研修を修了しただけでは、産婦人科の仕事は務まりません。

先輩医師に教わりながら分娩の経験やノウハウを身につけ、産婦人科専門医・日本産婦人科内視鏡学会技術認定医・周産期専門医などの資格取得を目指します。

産婦人科医として一人前になってからは、産科を専門、婦人科腫瘍を専門、不妊治療を専門にするなどの道へ分かれるのが一般的です。

ほかにも、月経困難症や中絶手術、性感染症治療、女性アスリートのサポートなどを専門とする医師います。

 

産婦人科医の給料面

みなさんここがいちばんきになってるんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

産婦人科医の給料

産婦人科医の年収は、医師のなかでも高めです。

公的病院では、基本的な給料は科による違いはなく一定ですが、産婦人科医は時間外勤務が多く、深夜に夜通し働くことも多々あります。

また、当直の際には他科であれば普通は1人の医師でいいところを、産婦人科では毎日3人程度割り当てる必要があります。

そのため当直回数が多かったり、残業代が多かったりして、年収としては高くなります。

激務な分単価も高いため、忙しさをいとわなければ年収2000万円~3000万円を稼ぐことは難しくありません。

開業する場合でも、基本的に産婦人科は自由診療が多いので、経営能力次第では1億円以上の年収を得ることも可能です。

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

産婦人科医になるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

産婦人科医になるために必要なこと

産婦人科医になるには、他の医師を目指す場合と同様、医学部のある大学または医科大学へ入学し、6年間勉強します。

臨床実習を行って医学部を卒業し、医師国家試験に合格することが医師としてのスタートラインです。

医師免許取得後の2年間は、「初期臨床研修医」として他のさまざまな診療科を経験しながら働く必要があります。

その後、産婦人科を選択することによって産婦人科医としてのキャリアがスタートします。

そして、臨床経験5年以上を経た医師が受験可能な「日本産婦人科学会」の試験(面接・筆記)を受け、専門医の資格を取ることによって、産婦人科医として一人前として認められます。

産婦人科医の学校・学歴・学費

医師を目指すには、医学部に入学し、卒業しなければなりません。

医学部へ入学するための門はかなり狭いため、相当な努力が必要です。

医学部の学費は、国立大学であれば年間の授業料は約60万円弱で、医学書や実習にかかる費用なども加えると、6年間の学費は400万円ほどとなります。

一方、私立大学の医学部は、卒業までに数千万円かかることが珍しくありません

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました