【進路相談 中学3年生】なかなか知らない僧侶・お坊さん・住職のお仕事を紹介します!

高卒→進学の方が有利!

こんにちは、大人の階段.comのシュージです!この記事では現在進路に悩んでいる方におすすめの仕事・就職・進学、勉強方法など進路に関する悩みを解決することを目的に書いています。

ぜひ、進路でやなんでる方は進路相談してください。

今回は実際に世の中にどんな仕事があるのか、目指し方やその仕事の収入面など具体的にお知らせしたいと思います!

もちろん、中学生や高校生の進路に悩んでる方もそうですが、お子さんの進路が心配という親御さんにとっても自分のお子さんに良い影響を与えるヒントになるかもしれないので

ぜひチェックしてみてください。

では明るい進路を目指して今日も一緒に勉強していきましょう!

【進路相談 中学3年生】(保健師のお仕事)高校選びで外せない?世の中にはこんな仕事があります!保健師編

進路に関するおすすめの情報は、入り次第追記していきますので、それまでお待ちください。

タイトル

大人の階段.comのタイトルは

「      僧侶・住職        」

僧侶・住職とは?

聞いたことがあるという方と初めて聞いたという方、さまざまいらっしゃるとおもいます。

では、気になった方のためにどんな仕事なのかご紹介します!

 

住職・僧侶ってどんな仕事?

僧侶の仕事は主にお寺に所属し、葬儀や法事などでお経を唱えたり、説教することで故人を弔う仕事です。

ちなみに出家して仏教の修行をしているすべての人が「僧侶」、僧侶に親しみを込めた呼び方が「お坊さん」、住み込みでお寺の管理職をしている人が「住職」です。

寺院によっては墓地を所有し、その墓地の維持や管理などの事務も仕事のひとつです。

そのほか幼稚園などの教育機関を併設している寺院では、僧侶が職員をする場合もあります。

地域の人の憩いの場として寺院を開放したり、寺カフェやバーを経営したり、瞑想(めいそう)体験や写経教室などのイベントを行うなど、僧侶は地域に貢献しています。

最近ではテレビに登場したり書籍を出版するなど、時代に合わせて活躍の場を広げ、仏教を伝える僧侶も増えています。

僧侶は、日常生活も修行の一環と考えられているため、空いている時間には掃除や境内に眠る故人のための読経や写経も欠かせません。

仏教への教えを深めるために仏教史や寺院の歴史を学ぶなど、自己研鑽をすることも大切な仕事となっています。

 

僧侶・住職の現状は?将来性も気になります!

ただこの仕事が皆さんが就職したいと思っても来年から採用がありません!ってことだったらショックですよね

そんなことはありません!しかし、仕事とは人生をかけて長年やっていくものなので将来性についてもご紹介します。

 

住職・僧侶の現状は?

寺院は生活に密着した身近な存在でしたが、人々のライフスタイルの変化に伴い、僧侶と人々の関係性が希薄化しているのが現状です。

日本は古くから生活の中に仏教文化が根付いており、日本人は信仰にかかわらず、自然と仏教に親しんできました。

歴史的に見ても政治や文化などのあらゆる面に、仏教が大きな影響を与えていることから、日本の歴史は仏教抜きにして語ることは不可能であるといえるでしょう。

2017年度の宗教統計調査によると、全国には77,000もの寺院があり、この数はなんとコンビニエンスストアの数を大きく上回っているのです。

かつては人々の生活に直結し、心の拠り所ともなっていた寺院でしたが、今は葬儀や法事のときだけに関わるものと考える人が多くなりました。

とくに若者にそうした考えを持つ人が多いことが課題とされ、時代に即した仏教のあり方を模索する僧侶が増えています。

僧侶・住職の仕事内容

それでは具体的な仕事の中身です。

住職・僧侶ってどんな仕事?

僧侶の仕事は主にお寺に所属し、葬儀や法事などでお経を唱えたり、説教することで故人を弔う仕事です。

ちなみに出家して仏教の修行をしているすべての人が「僧侶」、僧侶に親しみを込めた呼び方が「お坊さん」、住み込みでお寺の管理職をしている人が「住職」です。

寺院によっては墓地を所有し、その墓地の維持や管理などの事務も仕事のひとつです。

そのほか幼稚園などの教育機関を併設している寺院では、僧侶が職員をする場合もあります。

地域の人の憩いの場として寺院を開放したり、寺カフェやバーを経営したり、瞑想(めいそう)体験や写経教室などのイベントを行うなど、僧侶は地域に貢献しています。

最近ではテレビに登場したり書籍を出版するなど、時代に合わせて活躍の場を広げ、仏教を伝える僧侶も増えています。

僧侶は、日常生活も修行の一環と考えられているため、空いている時間には掃除や境内に眠る故人のための読経や写経も欠かせません。

仏教への教えを深めるために仏教史や寺院の歴史を学ぶなど、自己研鑽をすることも大切な仕事となっています。

 

僧侶・住職の給料面

みなさんここがいちばんきになってるんじゃないんですか?

実際お金は切っても切れない存在なので多くもらえることに越したことはないです。

もちろんやりがいも大事です。土台としてお金っという価値観も大事にしていきましょう。

ではこの仕事の収入面はどのようになっているのでしょうか?

住職・僧侶の給料

経験年数が長くなれば収入が増加する

僧侶の平均的な初任給は会社員並みですが、その後修行を積んで経験年数が長くなれば、収入が増加していくという点もサラリーマンと同じです。

寺院の経営者的立場である住職になると、檀家の多い大規模な寺院の場合、月収100万円近くになることもあります。

葬儀や法要が主な収入源

寺院の収入の大部分は、檀家によるお布施と葬儀や法事の際に発生する寄付金です。

葬儀の際は葬儀社からだけではなく、遺族から直接依頼があることも多く、地域社会との関わり方や、檀家数の多さが収入増加のためのポイントになってきます。

お布施や寄付金以外にも幼稚園などの教育機関や駐車場、アパートなどの不動産を経営し収益をあげている寺院もあります。

お布施や寄付金は税金がかからない

寺院は営利を目的としない団体が法人化した宗教法人にあたるため、お布施や寄付金には税金がかかりません。

ただしそれは団体の管理維持のための優遇措置で、寺院の収入からそれぞれの僧侶に支払われる給料は個人資産に当たるため、当然所得税や住民税をはじめとする納税の義務が発生します。

また教育機関や不動産などの経営で得た収入も、課税対象です。

 

 

ライブドアブログで漫画も描いているので、見てください!

僧侶・住職になるために必要なこと

この仕事に必要な資格や学歴などを紹介します。

ここで進路が大きく変わってくると思います。

次の進路相談の時は今までよりも具体的に目標が決まっているので、先生や親御さんとの話し合いもスムーズでお互いが尊重しあえる話し合いになるといいですね。

それでは具体的にお伝えします。

住職・僧侶になるために必要なこと

中高生から僧侶・坊さんになるまでに決まったルートはありませんが、仏教系の学部がある大学に進学する人が多いです。

ちなみに僧侶と坊さんの違いは、「僧侶」を親しみを込めた呼び方が「坊さん」で、どちらも同じ職業を指しています。

僧侶・坊さんになるための資格はありませんが、仏教の世界には仏門に入ることを許可してもらうための「得度(とくど)」という儀式を受けなければいけません。

僧侶の名前となる「法名(ほうみょう)・戒名(かいみょう)」をいただき、髪の毛を剃る「剃髪(ていはつ)」が行われる「得度」は、いわゆる「出家」にあたります。

「得度」を受ける前には、まず自身が信仰を持ち、仏教に関する深い理解や知識を得る努力をする必要があるため、仏教系大学や仏教を学べる学部や学科がある総合大学に進学する人が大半です。

そのほか、専門学校や通信教育でも学ぶこともできます。

中高卒業してからすぐに直接寺院を訪ね、「得度」をしてくれる師匠が見つかれば大学進学せずに僧侶・坊さんを目指すことも可能です。

ただしこの場合、「得度」のあとの僧侶になるための「修行」の年数が変わってきます。

たとえば曹洞宗では修行の最低期間が大卒では1年で済むところが、中卒では5年、高卒では2年かかってしまうことに注意が必要です。

 

実際に働いている方へのインタビュー・現場の声

実際に働いている方のリアルな声!インタビュー

ゴール(仕事をする)からの逆算で考える

■今回、紹介した仕事で「この仕事につきたい!」と思った方も少なからずいらっしゃると思います。収入面だったり、就業時間やプライベートに費やせる内容だったり、はたまた自分の今の趣味の延長線だったり、魅力に感じたところは人それぞれだと思います。

いろんな思いがあるとでしょうが、大事なのはゴールから逆算することです。

■ゴールから見て、今の自分がどこにいるのか?

ゴールが見えたことろで自分の現在地が見えていないともったいないです。将来医者になりたい!と思っていても現在の偏差値が例えば30くらいしかない。

でも勉強は好きじゃないから一日1時間もしないって思うのであれば、医者になりたい夢は目標ではなく、ただの憧れにすぎません。今自分がどこにいるか明確になれば、それ相応の努力の仕方だ見えてくると思うので、客観的に見て、どうすれば目標にたどり着けるか考えましょう。

■目標の決め方がわからないという方はぜひ相談に乗るのでコメントや問い合わせしてみてください。

伝えたいこと

今回このブログでは皆さんに

どんな仕事があるのか、詳しくお伝えしようと思います。

高卒でも目指せる職業

大卒じゃないと目指せない職業

あるいは中卒でも十分稼げる仕事

進学のための勉強法などをお伝えしていきます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

別途追記してある職業紹介や勉強方法なども合わせて読んで下さいね!

新しい情報が入り次第追記していますので、楽しみにしてて下さい!!

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました